夜逃げをして連絡を断(た)ったら借金は時効になる?借金は増える?

MENU

夜逃げをして連絡を断(た)ったら借金は時効になる?借金は増える?

借金の返済が出来なくなって夜逃げをする、といった話を聞いたことがありませんか?
夜逃げをして連絡を断ち、時効の成立を待てば借金は消えるのでしょうか。

 

時効の中断を侮るなかれ!

消費者金融などから借金をした場合、相手もプロですからそんなに簡単に時効にする事はありません。
夜逃げをしていても相手が返還の訴訟を起こしたり、裁判上の請求を行ったりした場合には時効は中断します。
ですから、何年逃げても借金はなくなる事はないのです。
借金の金額によっては、裁判をする費用や手間などを考えてそこまでしない場合もありますが、夜逃げするほどの借金であれば、なかなか見逃してはくれないでしょう。
個人から借りた場合は相手が諦めることもあるかもしれませんが、プロから借りたのであれば、時効を期待するのは難しいでしょう。

 

逃げている間も借金が増える

夜逃げをしても時効になる事は期待できません。
それでは、ずっと逃げ切る事は可能でしょうか。
債務者が夜逃げをして取り立て不可能になった場合、消費者金融は取り立てを取り立て専門業者に依頼するか、債権を取り立て専門業者に売却します。
そうなると、相手はプロですからどんな方法を使ってもあなたを探し出そうとします。
場合によっては、探偵に依頼することもあるのです。
これでは逃げ切る事も難しいでしょう。
そして、その間も支払いを延滞している訳ですから、遅延損害金や延滞利息が付いていき、借金はどんどん膨らんでいきます。
すると、捕まった時にはさらに状況が悪化している、という事になるのです。

 

借金に困ったら弁護士に相談しましょう

夜逃げをしても、簡単に時効が成立する事はありません。
そんな時には弁護士に相談してみましょう。
そんなお金はない、という人も無料相談をしてくれる弁護士事務所はたくさんあります。
夜逃げをするなら自己破産をした方がずっと失うものは少なくて済みますし、他の方法を考えてくれる場合もあります。
夜逃げでは何も解決しないのです。